自分のコンテンツ(商品)を作るには、苦手をチャンスに変えるべき!

苦手は、自分のコンテンツとなる

どうも、さかともです。元気にお過ごしでしょうか。

オンラインの重要性がぐんと加速する時代に突入しそうで、うずうずしてきますよね。新たな激流に流されないように、あなたも気を引き締めて頑張りましょうね!

今日は、苦手はチャンスという話をしようと思います。

“得意なことを仕事にしよう”なんて言葉がちまたでは流布されていますが、僕はどちらかというと苦手なことこそビジネスへの第一歩だと考えます。


なぜなら、苦手なことの方が理解できるまで繰り返し作業しますので、作業工程を論理的に説明できるようになるからです。

人に“分かりやすく説明できること”はそれだけで価値に繋がりますので、ビジネスにおいての商品を作り出すきっかけとなるわけです。

得意なことの場合、結構感覚的に作業をしますので、細かい工程はあまり考えないわけです。

だから、自分自身が作業者として優れていたとしても、人にわかりやすく伝えることはできないものなんです。

自分とある程度同じ知識を持った人に対しての細かい作業工程は、たとえ、はしょりながら説明できたとしても、完全な初心者に対してわかりやすく伝えるのは、至難の業です。


逆に苦手なことは、物事を論理的に覚えるので、理解さえできちゃえば、人にわかりやすく伝えることなんて、簡単にできるわけなんです。

特に、自分が躓いたところや分からなかったところなどは、順序だてて事細かに伝えられますので、後発組にも容易に伝えることができます。

だから、死ぬほど苦手だからこそ躓きますが、躓いた分だけビジネスチャンスに巡り合えるってわけです。

例えば、あなたがyoutuberだったとします。そして動画編集がめっちゃ苦手で、作業が死ぬほど遅く、試行錯誤を繰り返していたとします。

youtuberとして動画編集はやらないといけない作業なので、

どうやったら速く編集できるのかを深く考えます。

だからその結果、めちゃくちゃ速く編集できるショートカットキーの配置を編み出すことに成功できました、とさ。

これってもう、初心者にはこれだけで聞きたい情報だったりするのって分かりますか?

動画編集が大好きで、感覚的に作業している人は、デフォルト設定(購入時の規定設定)だったり、自分流のアレンジだったりするので、なぜ素早く作業ができるのか、上手に説明できません。

作業が遅い人からしたら、時間短縮の方法はのどから手が出たくなるほどの情報。

それを分かりやすく、文章なり動画なりで知ることができたなら、それは間違いなくその人にとっての上質な価値となるでしょう。

以上のことより、得意を仕事にするよりも、むしろ苦手な作業の方が、ビジネスとして尖った特技になります。

どちらかといえば、苦手を克服して、それを仕事にした方が、ずっと楽しくなるような気がしますよね。

最後に

というわけで、今日言いたかったことは、

「苦手」は「得意」よりも細部まで調べまくるので、あなたの商品となる可能性があるということ。

今まで、苦手だからと蓋をしてしまったことも、今またやりたいことリストに入れてみるのも良いのかもしれませんね!

それでは、今日はここまで

ばいばい

文章を書くことが吐き気がでるほど嫌いな方への克服本のご紹介!

2020.05.15

超らくらくネットスキルをゲット!簡単にサムネイル画像を作る方法

ABOUTこの記事をかいた人

販売員として会社の歯車として長年働いていたが、インターネットビジネスに出会い離職。以来、サイトアフィリエイトやら転売やらをやりながら生計を立てている。現在はもっぱらadobeソフトを生かした稼ぎ方を模索中&勉強中。とにかくトライ&エラーがモットーです(*´▽`*)