カイジ、ウシジマくんは、、ダメ、絶対に読んじゃダメ!

カイジ、ウシジマくんは面白い!

さてさて、今日はいきなり全否定から入った

センセーショナルな展開。

書いているマンガ家には申し訳ないのですが、

まぁ、やっぱりそれなりの理由があるんですよ。

もちろん、面白いですよ。もちろんね。

ですが、やはり面白いというのとお勧めするの

とは大違い。

というわけで、今日はなんでカイジやウシジマ

くんを読まないよう、営業妨害をしているのか

をお話していこうと思います。

まず、再度誤解がないように言っておきます

が、もちろん両作品とも面白い。

カイジは圧倒的なギャンブルマンガで、

繰り広げられる博打の着眼点もまた面白い。

パチンコやチンチロなど、もともとある博打は

もちろんのこと、ゲーム性を独自に改良し、

日常でも使われているじゃんけんまでもが

ギャンブルとしているのもまたわくわく

してしまう材料です。

作者である福本伸行氏の発想力の斬新さ

は本当に逸脱ですね。

今までのマンガでありがちな”カリスマ

主人公”や”成り上がり主人公”とは

違い、単なる”キャンブル依存症のくず

主人公”だということもこの作品を

面白くする要素でもあります。

まぁ、追い詰められたときにきらりと

光る勝負強さが主人公であるカイジ

にはありますが、やっぱりクズはクズ

です、、、(笑)

因みに余談ですが、パチンコはギャン

ブルなのに「ギャンブルではない」

とほざき、権益の汁をすすっている

人間のことを私は「クズ中のクズ」

だと呼んでいます。

そしてウシジマくん。

人が落ちこぼれていくさまをとても

リアルに描写しています。実際にお金

を借りてどん底へ落された時の、人間

の心理や行動パターンを見事に表現さ

れていて、

”絶対にこうはならないぞ”と心に

決める反面教師モデルとして見てし

まいます。

他人の不幸は蜜の味とはよく言ったも

ので、愉快痛快さは一切なくとも、なぜ

かストーリーに引き込まれてしまう禁断の

果実的な”ヒューマンマンガ”です。

どちらの作品も他にはない特異性に優れて

おり、読んでいくうちにどんどん引き込

まれ、あっという間に時間が過ぎてしまう

ほど魅力的な作品だと思います。

と、一通り褒めたところで、

なぜこれらの作品は読んではいけないかを

お話していこうと思います。

読んではいけない理由!

単純に一端のマンガ評論家ならここで終わり

でいいわけですが、

このブログのタイトルで情報発信をしてい

る以上、このような作品はあなたにとって

悪影響になってしまう可能性をお伝えせね

ばなりません。

というのも、マンガやアニメのようにストー

リーをイメージングしやすい作品は「セル

フイメージ」の書き換えができてしまうのです。

「セルフイメージ」とは何かというと

「自分自身で決めている自分のイメージ」のことです。

人がなぜ行動しても変化することができな

いのかといえば、この「セルフイメージ」が

変わっていないからであると

言われています。

つまりマンガは、なりたい主人公への

「セルフイメージ」の書き換えができる

ということですが

逆にいえば、なりたくない自分に

書き換えられてしまう可能性もまた

秘めているということです。

ということはそういうことなんですよ。

あれだけリアルな描写で落ちていく

人間を見ながら、マンガの世界に

入り込んでいたら、確実にマイナス

の「セルフイメージ」が構築され、

なりたくない人間へと引っ張られて

しまう危険性が大いにあるんですよ。

どういうことかと言えば、

例えば車の運転で、センターラインに寄って

しまう運転手がいるとして

「センターラインによってますよ?」

と忠告すると逆にセンターに寄ってしまう

ということがおきます。

これは忠告を受けることで逆にセンター

ラインを意識してしまい、運転手自身の

意思とは別にさらにセンターに寄ってしまう

現象です。

これを聞いて「そんなわけないだろ?」と

思う方もいるかと思いますが、運転に不慣

れな人にはこれがおこりがちなんです。

初心者の人に向かってセンターラインだけを

意識させる行為は絶対やってはなりません。

なので、もし私が助手席に座っていたら

運転手には

「今、私が道の真ん中にいますよ?」

と教えてあげます。

車が右によると助手席の人が走行方向側の

真ん中にくるからです。さきほどと同じ

ようなことかもしれませんが、

そうやって教えることで運転手自身が

走行方向の真ん中にいくように

意識させることができるのです。

 

これはまさに「セルフイメージ」でも

通じる話で、

セルフイメージのコントロールができ

ない人が「こうなっちゃだめだ」

「こうなったらおしまいだ」と思っていると

どうしてもネガティブなイメージの方へ

寄せられてしまいます。

それにより、気づかない間にカイジや

ウシジマくんにできてくるキャラクター

の行動に似通っちゃうんです。

あれはあれで反面教師として一役買っ

ているんだという人もいるかもしれません。

確かにそれも一理ありますが、それは

しっかり自分自身で「セルフイメージ」

をコントロールできる人がいって良いセリ

フなんです。

信じられないかもしれませんが、

あなたが今、物事が思うように進んで

いない理由は

「こうなってはだめだ」と

ネガティブに考えてしまっている

ため、逆に悪い方向に向かっている

かもしれないってことなんです。

タイガーウッズの有名なエピソードが

あります。

2005年、彼はある大会で、相手選手が

パットを外せば優勝が決まるという

シーンがありました。

普通の人なら「はずせ、はずせ」と思う

シーンですが、彼は「入れ!入れ!」

と思ったそうです。

これは、少しでも頭の中からネガティブ

なイメージを消し、ポジティブなイメージ

だけをするようにしたというわけです。

結果、相手選手はパットを外してしまい、

彼は見事に優勝を決めたのでした。

超一流でもネガティブな面はイメージ

しないように努力をしているのです。

ですから、「成功するために反面教師

を見た方がよい」とかいうばかな発想は

すぐにでも粗大ゴミに出して捨てるようにするべきです。

まとめ

いかがでしょうか?

「セルフイメージの書き換え」について

他の記事でも書いていますので、ここでは

割愛させていただきます。

カイジ、ウシジマくんは作品自体面白いで

すが、読むことによっていかにマイナスの

イメージを作る危険な作品であることはわ

かっていただけたかと

思います。

セルフイメージをコントロールできない

人は絶対に読んではいけないですからね。

しかし、ここで気づかれたくない

事実があります。

私がなぜここまで読んではならないと

いったのかは気づかれたくありません。

それは人間読んではならないと言われる

とつい読みたくなってしまう人間の心理

を逆手に取った高度なアフィリエイト

テクニックだということは絶対に気づか

れたくないのです。

下記のリンクをクリックすると

Amazonさんより「賭博黙示録カイジ」

や「闇金ウシジマくん」が絶賛好評発売中

だということは知ってはいますでしょうか?

どきどき

ということで、さあ、買ってはいけませんよ。さあ

何度も言いますが、作品自体はまじで面白いです!

絶対に読んではいけないですからね。

というわけで、今日はこの辺で!

超らくらくネットスキルをゲット!簡単にサムネイル画像を作る方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

さかとも

販売員として会社の歯車として長年働いていたが、インターネットビジネスに出会い離職。以来、サイトアフィリエイトやら転売やらをやりながら生計を立てている。現在はもっぱらadobeソフトを生かした稼ぎ方を模索中&勉強中。とにかくトライ&エラーがモットーです(*´▽`*)