コピーライティングを学べば表現力を豊かにし話も面白くなる

 

1日の大半をカフェで

 

過ごすと、いろいろな人の

 

会話が耳の中に入ってきます。

 

 

決して盗み聞きしているつもり

 

はないのですが、作業の集中力

 

が途切れると自然と聞こえてきて

 

しまいます。

 

 

会話の大半は、たわいもないことが

 

多いのですが、時にはそんな雑談の

 

中には、仕事のアイディアの参考

 

にものすごくなることもありますので、

 

 

 

そんな場面も含めてカフェでの仕事の

 

良さだったりします。

 

 

 

しかし、そんな仕事のアイディアを

 

引き出してくれる「周辺の雑談」が、

 

時には集中力を切らすきっかけに、、。

 

 

 

今日は、そんなカフェでの一コマ

 

のお話です。

 

コピーライターが聞いたカフェでの高校生の会話

 

 

 

少し前での出来事になりますが、

 

僕の隣に女子高校生一人、

 

男子高校生二人が座りました。

 

 

特段、話の内容を聞くつもりは

 

ありませんでしたが、

 

どうしても、頭の中に彼らの

 

会話が入ってきてしまいます (汗)

 

 

なぜなら

 

 

高校生三人組の会話の返しのほとんどが、

 

「かわいい」と

「やばいw]

「それなw」

 

だけだったからです。

 

 

特に、「やばい」はやばく、(笑)

 

前にテレビで見ましたが、

 

どうやら、最近の「やばい」には

 

何十種類の使いわけがあるそうです。

 

 

その使い方の一例を挙げると、

 

本当にやばい時や

 

かわいいものを見た時、

 

すごいという表現の時や

 

美味しいものを食べた時

 

などなど。

 

 

挙げれば、きりがありませんが、

 

「やばい」「やばい」繰り返させれると

 

さすがに、耳障りになってきます 笑

 

 

 

僕は、若いうちは、その時代特有の

 

トレンドがあるのはしかたないと

 

思っていますが、、、その、、

 

 

若い以前に

 

このボキャブラリーの欠乏っぷり

 

には、正直、今後の日本語の未来の

 

先行きに不安を覚えたほどです。

 

 

日本語はアジア圏では

 

高度な学問を母国語だけで

 

習得できる唯一無二の

 

素晴らしい言語です。

 

 

 

若者言葉を否定するわけでは

 

ありませんが、、

 

 

やはり、温故知新です。

 

 

なんでも、死語、死語

 

いうのではなく、

 

 

昔からある表現力豊富な日本語も

 

すたれさせることなく

 

使っていってほしいと思っています。

 

 

コピーライティングの良さは

 

このような表現豊かな日本語を

 

相手の心を捉えるため、

 

余すことなく使っていけることに

 

あります。

 

 

 

人の会話の内容は、知識の量で決まります。

 

 

 

もし、あなたが、上記高校生のように

 

表現力の乏しさにコンプレックスを抱いて

 

いるのならぜひともコピーライティング

 

を学ばれてはいかがでしょうか。

 

 

それが、表現力豊かな会話ができる

 

ことにもつながっていくからです。

 

 

☆ ★☆★☆★

 

 そんな、コピーライティングの知識を無料で

手に入れませんか?

 

現在、LINE@では

コピーライティングのレポートを無料でプレゼントしています。

 

 

お友達追加はこちらをタップで簡単にできます^^ 

あなたも僕と同じように、カフェでのお気軽な生活を手に入れましょう♫

https://goo.gl/WsL40N

  

ID検索よりされたい方は【@taz7342z】です。

超らくらくネットスキルをゲット!簡単にサムネイル画像を作る方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

さかとも

販売員として会社の歯車として長年働いていたが、インターネットビジネスに出会い離職。以来、サイトアフィリエイトやら転売やらをやりながら生計を立てている。現在はもっぱらadobeソフトを生かした稼ぎ方を模索中&勉強中。とにかくトライ&エラーがモットーです(*´▽`*)