文章苦手は思い込み!誰でも簡単に文章が書けるようになるコツ

文章を書かないことはもったいない!

あなたは、文章を書くのは好きですか?

はっきり言って、僕は昔から超がつくほど
文章を書くことが苦手でした。、、、
っていうか嫌いでした。

とにかく、昔から苦手意識を持って
いて、社会に出たら、一生文章を
書くことなんてないだろうと
固く誓っていたほどです。

あなたももしかしたら、昔の僕と同じ
ように文章を書くなんて絶対無理なんて
思っているのかもしれません、、、。

そんなあなたにお伝えしたいことは、、、

いやいや、あなたは文章を上手に書
くことができるんですよ、ってことです。

僕が今あなたにこのように文章でお
伝えしているように、

あなたにも同じことができるんです。

日本で生まれ、日本の学校で普通に
過ごしてきたあなたなら、
文章を書くことなんてお茶の子
さいさいなんですよ。

小学校では作文
中学校では新聞コラムの感想文
高校では小論文

シチュエーションは様々ですが、
あなたは何度も何度も文章を書いてきてい
るはずです。

文章を書く基本はできているのに
書くことから逃げてきただけなんです。

しかし、それは本当にもったいない。

文章を書かないことによる機会損失は
もう半端ないんですよ?

考えてみてください。

今は昔と違って一つのテーマでブログ
を書き続けることができればお金に
なるんです。

本を書きたいと思ったら、だれにでも
電子書籍として出版することもできます。

ネットを通せば、文章を書く仕事の依頼
なんて腐るほどあります。

文章が書けるようになることは、あなたに
「手に職」をつけることと同じなんですよ。

そんな、ペンだけで稼ぐ力が誰にでも
備わっているというのに、使わない手は
ありませんよね?

そこで今回は、あなたに必ず備わってい
るであろう、文章を書けるようになるコツ
についてお伝えしようと思います。

文章を書けるようになるには○○になるしかない、、

さて、さっそくですが、

文章を書けるようになるには
どうしたらよいかお伝えします。

その答えは簡単です。

好きになることです。

・・・・・・。

え、それができないから困っている
んじゃないか?

と、言われそうですが、

実際、大枠の答えはそれしかありません。

継続して文章を書き続けるには
好きになるしかないのです。

例えばあなたが昔から継続してしていることってありますか?

野球なり、サッカーなり、編み物なり、
料理なり、読書なり、音楽なり、
映画鑑賞なり・・・なんでもいいです。

それは好きだからこそ続けているんじゃない
でしょうか?

そういうことなんです!

事実、それがすべてなんですよ。

人が物事を進めていくには、好きになる
しかないんです。

単純に嫌いなこと、苦手なことは継続が難しいんですよ。

だから、むりやり文章を書こうとするのではなく、まず文章を好きになれ

ってことが大前提なわけです。

まさに「キャプテン翼」の翼君作戦ですね。

「ボールが友達」ならぬ「文章が友達」になろうというわけです。

では、どうやって文章を好きになればよいのか
考えていきましょう。

文章が好きだと思いこむ

まず、一重要なのがこれ

「好きだと思い込む」ことです。

子供だましだと、軽く考えてはいけません。
思い込みは本当に重要です。

なぜ、重要かというと、

思い込むことで、脳に「文章を書
くことが好き」だという信号を与えられる
のです。

これを続けることであなたの潜在意識に
「文章を書くことが好き」だと
働きかける効果があるんです。

今現在、あなたが文章を書くのが嫌いなら
単純に、あなた自身が「文書を書くことが
嫌いだ」
と脳に働きかけているだけなんです。

なので、あなたの脳のその情報を書
き換えるためには、好きだという思い
込みでかき消していくことが一番です。

今の段階で文章が上手いか下手かは
まったく意識する必要はありません。

例え下手でも、好きだと思い込むこと
が極めて重要なのです。

物事は、上手くできるから好きなの
ではないんですよ。
好きだと思うから、上手くなるんです。

そのことを念頭に入れ、別人にでも
なりきれるほどに好きだと思い込める
ようになりましょう。

なぜ「文章を書くのが苦手」なのかを紙に書きだす。

ノートやコピー用紙、なんでも良いので、
「文章を書くことが苦手」な理由を書きだ
してみてください。

箇条書きで結構です。

めんどくさいからやらないという人も
多いですが、とても重要な作業なので、
必ずやってください。

人の頭の中はたくさんの情報であふ
れかえっています。

日常生活のこと
仕事のこと
プライベートのこと

様々な情報の中で、頭の中のみで
情報を整理していては問題点の
あぶり出しが正確にできません。

なので、

必ず紙に書きだしましょう。

さて、紙に書きだした「文章を書くのが
苦手な理由」ですが、

あなたのやることはこれらをひとつずつ
解消していく作業です。

人によって苦手な理由は様々あると思い
ますが、少し調べれば必ず
解決できます。

例えば、ネタがないという悩みだったと
します。

それは、自分の興味のある情報を
ネットサーフィンしていれば、
興味のある記事は必ず見つかります。

例えば、伝えたいことがまとまら
ないという悩みだったとします。

それも、ネットや本を読みあされば
解決方法がこちらも見つかるはずです。

これだけ、多くの人が情報発信をして
いるので見つからないはずが
ありません。

それでも見つからないという人は
それほど真剣ではないのでしょう。

いまだに文章を書くのが苦手
な理由は、苦手は苦手だとフタを
して、その理由すら調べていない
だけなんです。

まずは、難しく考え込まないで書き出した
「苦手な理由」の克服方法を調べて
みましょう。

自分なりの好きポイントを探す

そして、最後に
好きになるためのポイントを探す

これもまた重要です。

どういうことかと言えば

例えば、数学です。

学生であれば、だれもが授業で
やらされる、人生の登竜門的な学問ですが、
あれには「好きって思える瞬間」って
あるんですよね。

それが
誰にでも一度はあると思うのですが、
鮮やかに問題が解けた時です。

あの瞬間、「はぁ~ん」って
「悦」になりませんか?

あれが繰り返し起こると軽い興奮状態に入り、
何度も味わいたいと思うようになっていきます。

おそらく数学が好きな人は、これが快感
になっているからだと思いますし、
嫌いな人はこの経験を味わうことができな
かったからだと思います。

文章もこれと全く同じです。

好きだと思える瞬間を繰り返すことで
どんどん文章を書きたくなるんです。

数学とは違い、文章の場合好きになるポイントは
人それぞれ違いますのでそれは自分で見つけない
といけません。

・伝えたいことが伝わる文章が書けた
・人に褒められた
・なんとなく文章の書き方が掴めた

などなど

どんなにちっちゃいことでもいいんですよ。

自分なりの「悦」になるポイント
を見つけ出せばいいんです。

それができるようになると
下手は下手なりにどんどん文章を
書きたくなるので、ぜひとも自分なりの
『好き』を見つけていきましょう!

まとめ

いかがでしょうか?

文章が苦手で書けないって
言っている人は幻想に過ぎません。

現在、あなたは日本の学校に
通い義務教育を終えているなら
文章を書く力は必ず持っています。

あなたは文章嫌いのレッテルを
あなた自身に勝手に貼り付けてい
るだけなんです。

そのレッテルを剥がし、文豪
と言われるまでになりましょう(笑)

では改めて、改善方法ですが、

まず大前提として、

書くことが好きだと思い込むこと

そして、苦手な理由を書きだして
それをひとつずつ解消していくこと

さらに、好きになるポイントを見
つけること

これが、文章が書けるようになる
コツだということです。

『好きこそ物の上手なれ』

こんな言葉がありますが、
まさにその言葉どおりです。

文章を書こう書こうとむりやり
頑張るのではなく、

文章を好きになるように
自分自身に仕向けることが
文章が書けるようになる第一歩
なのではないでしょうか。

というわけで、本日はこのへんで、、

それでは、また

文章を書くことが吐き気がでるほど嫌いな方への克服本のご紹介!

2020.05.15

超らくらくネットスキルをゲット!簡単にサムネイル画像を作る方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

販売員として会社の歯車として長年働いていたが、インターネットビジネスに出会い離職。以来、サイトアフィリエイトやら転売やらをやりながら生計を立てている。現在はもっぱらadobeソフトを生かした稼ぎ方を模索中&勉強中。とにかくトライ&エラーがモットーです(*´▽`*)